×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home運 営者情報

運営者情報

★新サイト完成しました!
3秒後に自動的に移動します

変わらない方は こちらからどうぞ
http://logics-of-blue.com/

「海と魚と統計解析」管理人の馬場真哉と申します。
 

当HPについて

変なタイトルのサイトだと思われましたか?
 海や魚までならともかく、末尾に何かくっついてる。
 統計解析っていうのは、データを要約したり、データから何かを推測したりすることです。海って広いうえに濁ってますから、見えない部分は計算で補わなけ ればならないんですね。海を知るためには、解析もしなければならないんです。それで、こんなタイトルにしました。
 解析は特に生物系の研究者の方には嫌われ者ではありますが、当WebPageがその一助になれば幸いです。

リンクはご自由にどうぞ。
 相互リンクをご希望の方は掲示板あるいはWebメールにてご一報願います。

当HPを利用するに当たって

 記載している内容やプログラムに関しては細心の注意を払って確認しておりますが、誤りのある可能性も否定できません。自己責任でお使 いください。再配布は原則禁止です。ご不明な点等ございましたら、管理人までご連絡ください。

 当サイトの内容を使用した事によって生じたトラブル等、いかなる損害に対しても当サイト及び管理人は一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。
 バグ報告等ございましたら、馬場までご一報いただけると大変ありがたいです。

管理人について

馬場真哉 Shinya BABA
  北海道大学 大学院水産科学院 海洋生物資源科学専攻 
  資源生物学講座 資源解析学領域 修士課程1年 
Email  baba★fish.hokudai.ac.jp            (星を@マークに変えてください)

 漁況予報に興味があり、主にそれに関する研究をしています。また、数理モデルや統計モデルを専門としている関係で、先輩らからデータ 解析を依頼されたりすることもあります。

Key words
漁況予報,統計的予測,統計的意思決定,水産資源解析,生態学データ解析,データマイニング

業績等

 学会発表
●馬場真哉・松石隆(2011) 漁況予報の経済的価値の評価―サンマ漁況予報を例に―.2011 年度水産海洋学会研究発表大会(ポスター発表).2011年11月12日.函館市公民館(北海道)
●馬場真哉・松石隆(2012) 情報理論を用いたサンマ漁況予報の有用性の評価,平成24年度日本水産学会春季大会(口頭発表).2012年3月27日.東京海洋大学(東京) 

 賞罰
2009年6月: 平成21年度北海道大学新渡戸賞
2012年3月: 函館市長賞


ページトップへ
Copyright (C) 2011- 海と魚と統計解析 All Rights Reserved.